Nature Machine Intelligence

2019年1月創刊!

2019年に創刊されたNature Machine Intelligence は、変化のめざましい人工知能(AI)や機械学習、ロボット工学の分野における原著論文や総説を掲載するオンライン限定ジャーナルです。

投稿論文受付中!

図書館への法人向けサイトライセンス購読のご推薦

2019年1月 待望の創刊!

創刊を記念しまして、Nature Machine Intelligence 創刊号のコンテンツを期間限定無料公開いたします。ぜひご覧ください。

最新Research

流体の外乱補償と運動制御のための知能ロボットの分散センシング

Distributed sensing for fluid disturbance compensation and motion control of intelligent robots

掲載

自律型の空中ロボットや水中ロボットの正確な操縦には流体力の詳細な情報が必要になるが、乱流中の流体力の測定は特に困難である。自律型無人潜水機(AUV)の制御法として、魚の「側線」によるセンシングをヒントにしたインテリジェントな分散センシングを利用することができる。多くの種類の魚が、側線を使って周囲の水流を感じ、乱流によって流される前に即座に反応している。同様に、このようなセンサーシェルを搭載したAUVは、外乱を補償し、位置検出の精度を改善することができる。

タンパク質の機能予測やエンジニアリングのためにニューラルネットワークの暗黙知を利用する

Leveraging implicit knowledge in neural networks for functional dissection and engineering of proteins

掲載

ディープニューラルネットワークはタンパク質の機能予測に威力を発揮するが、タンパク質配列の中で機能に関連する特定の部位を同定するのはまだ困難である。オクルージョンベースの感度技術は、これらのディープニューラルネットワークの解釈に役立ち、機能に関連するタンパク質部位を見つけることによってタンパク質エンジニアリングの指針となることができる。

その他の「最新Research」

コレクション

人工知能の学際性

2018年9月

人工知能は、コンピューター科学、ロボット工学、認知科学を、科学、産業、社会の多くの領域における革新的な応用へとつなげる、極めて学際性の高い活発な分野である。人工知能の研究は今日、人間および物理的世界と安全に相互作用する、適用範囲の広いAIシステムを開発することを目指している。…

その他の「コレクション」

Nature Machine Intelligence ブログ

マシン・インテリジェンスのための学際的フォーラム

今回創刊するNature Machine Intelligence は、研究コミュニティーがこうしたテーマについて討論するためのフォーラムとして、人工知能とロボット工学に関する幅広いトピックを探ります。刊行の目的は、この分野をさまざまな科学分野と結びつけ、近年の進歩が、科学、社会、産業にとって何を意味するかを論じることにあります。

このブログは、Nature Machine Intelligence の編集長Liesbeth Venemaと、シニアエディターTrenton Jerdeによって書かれました。

メールマガジン登録

Nature Machine Intelligence では、毎月1回、今月号の目次、また Nature Machine Intelligence に関する最新情報をお届けします。

メールマガジン登録

プライバシーマーク制度