Nature Sustainability

Nature Sustainability では、水・大気・土壌の汚染、農業と食糧安全保障、水とエネルギーと土地のネクサス(連鎖関係)、水と土壌と廃棄物のネクサス、気候変動、土地利用変化、天然資源の減少、廃棄物、循環経済、生態系サービス、生物多様性の保全、自然資本、開発政策、環境政策、環境悪化、持続可能エネルギー、都市化、人口動態、貧困緩和、公衆衛生、持続可能な消費、持続可能な都市、持続可能なサプライチェーン、グリーンインフラストラクチャー、技術革新などの話題を紹介します。

Nature Sustainability では未発表の研究論文だけでなく、サステナビリティーに関連するあらゆる分野から寄せられたComment、Reviews、Perspectives、News & Views、Features、Correspondenceを掲載します。

Nature Research sustainability collection

Human impacts on the environment will affect the well-being of future generations. A selection of articles from Nature Research explores the priorities for a sustainable future.

最新Research

人新世を生きるための政策設計

Policy design for the Anthropocene

掲載

「地球の限界(プラネタリー・バウンダリー)を踏み超えるような活動が引き起こす地球規模の問題は、相互に関連していて、政策立案者の悩みの種になっている。ここでは、人類が地球の生物物理学的限界を超えることなく生きられるようにするための政策設計の複雑さについて考察する。

持続可能で回復力ある農業のために全要素生産性の向上を活用する

Leveraging total factor productivity growth for sustainable and resilient farming

掲載

1990年代以降の世界の農業生産高は、主として、生産のために投入される労働や土地などの要素の利用効率、すなわち全要素生産性(TFP)を高めるようなイノベーションによって増加してきた。この論文ではそうした現状について論じ、将来のTFPの向上のための技術と生態系を基盤とする2つの経路を提案する。農業システムの持続可能性と回復力に関する将来の研究では、この2つの選択肢を活用すべきである。

おすすめのコンテンツ

  • 科学と自然体験

    Science and the experience of nature

    Nature Sustainability

    掲載

    Nature Sustainability 1, 8 | doi: 10.1038/s41893-018-0124-y (2012)

その他の「おすすめのコンテンツ」

コレクション

ブラジルの環境政策

2018年11月

過去の成功にも関わらず、ブラジルは海洋生態系や陸上生態系の劣化、生物多様性の保全、貧困と不平等といった環境的課題や社会的課題に未だに直面している。ここでは、ブラジルにおける環境政策や持続可能な政策について、現在継続中の政策論議に関係する研究論文やOpinion論文を一堂に集めた。

その他の「コレクション」

イベントレポート

サステイナビリティ研究が拓く持続可能な未来 — 科学と社会の連携でSDGs達成を目指す

2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。2016〜2030年の15年間で17の目標の達成を目指す。そのために、学際的なサステイナビリティ研究が果たす役割は何か。2018年9月20日、国連大学(東京・渋谷)で、本タイトルの下、多分野の専門家が集まり熱心な議論が行われた。このイベントは、最先端のサステイナビリティ研究を掲載するNature Sustainability が、2018年1月に創刊されたのを機に企画された。

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Nature Sustainability に関するオンライン投稿方法をご案内いたします。

メールマガジン登録

Nature Sustainability では、毎月1回、今月号の目次、また Nature Sustainability に関する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度