Research Press Release

マウスでは脳内の糖減少がアルツハイマー病を悪化させる

Nature Neuroscience

2015年3月3日

Reduced brain sugar aggravates Alzheimer’s disease in mice

アルツハイマー病(AD)のモデルマウスでは、血液脳関門を通過するグルコース輸送が損なわれると病気の進行が悪化するという報告が、今週のオンライン版に掲載される。

循環血中のグルコースは脳にとっての主要なエネルギー源となる。ADはグルコース輸送の初期減少が特徴で、これまでグルコース輸送体のGLUT1と関連付けられていた。ところが、病気の進行に対するGLUT1の影響については十分に理解されてはいなかった。

Berislav Zlokovicおよび共同研究者は、グルコース輸送を妨害したADのモデルマウスを研究した。血管壁を構築する細胞でGLUT1を遺伝子操作し、ZlokovicらはADモデルマウスでのGLUT1の減少が神経変性、血管の崩壊、そして行動障害を悪化させることを発見した。研究では同じく、ADモデルマウスでエネルギー代謝の変化と血液脳関門の崩壊が神経変性と認知障害を進行させることが示された。この研究は、ADと脳血管性認知症に付随する血管障害と細胞死を緩和する治療標的の候補としてのGLUT1の可能性を示唆しているが、GLUT1減少の背後にある分子機構を明らかにするためにはさらなる研究が必要である。

doi:10.1038/nn.3966

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度