Research Press Release

がんへの効率のよい薬剤送達に道を開く通路

Nature Medicine

2014年8月18日

Opening the door to cancer drug delivery

齧歯類の細胞にある輸送用の入り口を使えば、血液中から固形がん内部へ抗体などを能動的に運び込めるようになることが報告された。この発見によって、少ない投与量でも腫瘍内部に迅速に浸潤する新しい治療薬や画像化用薬品の開発への道が開かれるかもしれない。

がん研究では、薬剤送達を妨げる障壁を乗り越えるという問題は、あまり研究されてこなかった。固形がんを特異的に標的とするように設計された、いわゆる「スマートドラッグ」も登場しているが、実際には抗がん剤の多くは有害となるのに近い高用量を投与しなければならず、そうやっても腫瘍内部に浸潤するのはごく少量にすぎない。それは、血管を介した受動的な薬剤送達に頼っているためである。

J Schnitzerたちは、腫瘍の画像化とタンパク質の発現プロファイリングを行い、膜結合タンパク質アネキシンA1の切断型が、ヒトと齧歯類の腫瘍の脈管構造にあるカベオラ(輸送小胞)だけに高濃度で存在することを見いだした。そこで、この膜結合タンパク質を標的とする特異抗体を作製したところ、カベオラはこの抗体を血液中から取り込み、さらに血管壁を通過して腫瘍内部へと、濃度勾配に逆らって迅速に輸送することが分かった。

doi:10.1038/nm.3623

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度