Research Press Release

陸上の生態系に対する非一様な気候温暖化の結果

Nature Geoscience

2014年2月24日

Consequences of uneven climate warming for land-based ecosystems

陸上の生態系による高緯度地方での二酸化炭素の摂取は春季の温暖化により刺激されるとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。著者たちは、季節や一日を通した温暖化速度の非一様性の効果は、陸上生態系に対する気候変動の結果を評価する際には考慮に入れる必要があると論じている。

Shiqiang Wanたちは、人工衛星データ、観測およびモデルシミュレーションを用いて、日中や夜間の温暖化だけでなく季節に特徴的な温暖化の、過去60年間にわたる陸上生態系における二酸化炭素摂取と放出への効果を評価した。彼らは、季節的な温暖化の効果は地域により変動し、春季の温暖化は高緯度地方で炭素摂取を増大させるが、それ以外では摂取を抑制することを示した。日中と夜間の温暖化の結果も地域により変動している。

doi:10.1038/ngeo2093

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度