Research Press Release

【材料科学】生体組織表面に転写できる透明な電子デバイスの作製

Nature Communications

2014年1月8日

Materials science: A sight for sore eyes

ほぼどのような表面にでも転写できる、薄くて折り曲げ自在で透明な電子デバイスを実現する方法について報告する論文が、今週掲載される。この電子デバイスは、ヒトの毛髪を包み込んだ状態で、機能し続けることができる。また、生体適合性もあるため、健康チェックに利用しうるスマートコンタクトレンズに新たな可能性を開くものと言える。

装着型健康センサーの実現性は、薄型で折り曲げ自在なデバイスをさまざまな表面上に転写できるかどうかにかかっている。今回、Giovanni Salvatoreの研究グループは、トランジスターデバイスを分厚い基板から分離させるために、基板の下層を水溶性にした簡易な技術を開発した。基板の残った部分がデバイスの支持体となるが、これを透明にでき、フレキシブルな物体や生体組織に付着させることができる。Salvatoreたちは、圧力センサーをコンタクトレンズ上に転写して、緑内障のモニタリングに用いる可能性を示すことで、新技術のポテンシャルを明らかにした。

この簡易な新技術には汎用性があるため、スマート健康センサーのさらなる可能性も開けるかもしれない。

doi:10.1038/ncomms3982

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度