Research Press Release

がん遺伝子の解読

Nature Immunology

2013年8月26日

Cancer gene decoded

B細胞リンパ腫の発生過程が明らかになった。この知見から、MEF2Bタンパク質が、ある種のB細胞リンパ腫の治療標的に可能性が浮かび上がった。

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)は、よく見られるタイプの非ホジキンリンパ腫である。DLBCLのかなりの割合が、BCL6遺伝子かMEF2B遺伝子の変異によって生じるが、これら2つの遺伝子とDLBCLがどのように結びつくのかは、これまで不明だった。

Riccardo Dalla-Faveraたちは、MEF2Bは転写因子をコードしており、これがBCL6の発現を活性化することを明らかにした。MEF2Bタンパク質の活性自体が厳密に調節されているが、BCL6の発現やMEF2Bの活性を阻害する調節を解除するような変異が起こると、活性化されたB細胞ががん細胞へと形質転換する可能性が高まる。MEF2Bの機能を阻害すればDLBCL細胞系列の増殖を阻害できることが明らかになり、MEF2Bが治療標的になる可能性があることがわかった。

doi:10.1038/ni.2688

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度