Research Press Release

【疾患】ハイチでのコレラ管理

Scientific Reports

2013年1月10日

Disease: Cholera control in Haiti

ハイチにおけるコレラの伝播の動態とワクチン接種率を調べるモデル研究について報告する論文が、今週掲載される。今回の研究では、46%のワクチン接種率を達成すれば、ハイチでのコレラ管理に十分なことが示唆されており、この結果が、ワクチン接種などのコレラ管理介入法の計画と評価に役立つ可能性がある。 2010年10月、ハイチでは、数十年間で初めてのコレラの症例が報告された。コレラは、首都ポルトープランス北方の農村地帯アルティボニット地方で最初に出現し、その後、国内全土に蔓延した。今回、Z Mukandavireたちは、1つの数理モデルを用いて、ハイチでのコレラ流行の規模を定量化し、ワクチン接種率の推測を行った。この数理モデルは、もともと2008~2009年のジンバブエでのコレラ流行のために作製されたものだった。ここで、Mukandavireたちは、ハイチでの基本再生産数(感染期間中に1つの症例からの感染によって発生する症例数)を計算した。その結果得られた基本再生産数の推定値は、ハイチの地域によって1.06から2.63の幅があり、2008~2009年のジンバブエでのコレラ流行について得られた推定値に近く、当初のハイチでのコレラ流行の地理的差異、そして、それに対応して、効果的なコレラ管理のために必要なワクチン接種率の差異が明らかになった。ハイチ国内のレベルでいえば、コレラ伝播を抑制するために十分なレベルまで基本再生産数を減らすためには46%のワクチン接種率を・・・・垢譴仆淑・覆海箸・・藍諱鈔癘蜥・ぢたちは報告している。

今回の結果は、コレラ伝播を永久的に減らすことのできるワクチン接種やそのほかの介入方法が、ハイチでの長期的なコレラ管理に大きな影響を与えられる可能性を示している。

doi:10.1038/srep00997

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度