Research Press Release

気候変動:人為起源の気候変動の影響が世界人口の85%に及んでいる

Nature Climate Change

2021年10月12日

Climate change: Human-induced climate change may affect 85% of the world’s population

人間の活動に起因する気候変動の影響を受けている地域には、世界の人口の85%が居住していることを明らかにした論文が、Nature Climate Change に掲載される。今回の知見は、新しい機械学習法を用いて10万件以上の気候影響研究をレビューした結果と、人為起源の気候変動の検出可能な環境シグナルの全球的観測結果を統合して得られた。

気候変動の影響の証拠基盤が拡大している。システマティックレビューは、包括的で透明性のある方法で体系的な文献分析を行うことができるが、論点の特異性や評価の対象となる研究の件数などの点で、制約があることが多い。

今回、Max Callaghanたちは、こうした潜在的な制約に対処するため、機械学習法を用いて、観測された気候影響に関する大規模な文献検索を行った。このモデルによって、全大陸にわたる広範な気候変動の影響を対象とした10万2160件の研究の特定と分類ができるようになった。これらの研究を用いて、気候変動の影響の証拠マップが作成され、地域別の人為起源の地上気温と降水量の傾向との比較が行われた。このモデルによって、地球の陸地表面の80%に居住する世界人口の85%が人為起源の気候変動の影響にさらされていることが明らかになった。また、Callaghanたちが「attribution gap(寄与の相違)」と命名した特徴の定量化も行われ、高所得国には、人間の寄与があったと考えられる気候変動の影響を示すロバストな証拠が低所得国の2倍あることが判明した。

Callaghanたちは、この2段階アプローチが、人間システムと自然システム全体にわたる気候変動の影響を包括的に評価するための新しいモデルになると結論付けている。

doi:10.1038/s41558-021-01168-6

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度