Research Press Release

ウイルス学:SARS-CoV-2の注目すべき変異株、懸念される変異株の命名法を公式発表

Nature Microbiology

2021年6月9日

Virology: Formal announcement of the naming system for SARS-CoV-2 variants of interest and variants of concern

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)の注目すべき変異株(VOI)、懸念される変異株(VOC)の命名法を、世界保健機関(WHO)のウイルス進化作業部会が、Nature Microbiology で公式に発表した。それによれば、VOIおよびVOCはギリシャ文字を使って表し、名称とともに重要な科学的・医学的特性を発表し、その後は常に最新情報に更新するという。

Commentでは、SARS-CoV-2の変異株の現在の命名法について説明しており、VOIとVOCの新しい命名法が必要な理由を詳しく述べている。Mark Perkinsたちは、現在の命名法では単一のVOIやVOCに複数の名称が付けられる場合があることを指摘し、また最初に変異株が確認された地名を冠して呼ばれることが多いため、変異株発見の報告を妨げる恐れや、その地域への偏見を生む恐れがあり、誤解につながる可能性があるとも述べている。著者たちは、この新たな名称の付け方を詳しく説明し、この新方式は「研究の進歩を幅広く共有しやすくするためのものであり、目標は、VOIやVOCに関して世界的に分かりやすく議論できるプラットフォームを提供することである」と締めくくっている。

doi:10.1038/s41564-021-00932-w

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度