Research Press Release

がん免疫療法の副作用である大腸炎の症状を細菌移植によって軽減する

Nature Medicine

2018年11月13日

Bacteria transplants mitigate colitis from cancer immunotherapy

がんの免疫療法の副作用である重い大腸炎を発症した2人の患者で、健康なドナーからの腸内細菌の移植という治療が行われた。

免疫療法はがんの治療に大変革をもたらした。この方法は一定の成功を収めているが、免疫が関連した強い副作用を伴うことが多く、これは患者にとっては有害で、治療が中断されることもしばしばである。このような副作用の1つが重篤な大腸炎であって、治療を受けた患者では大腸内壁が炎症を起こし、それに伴って腸内マイクロバイオームが変化する。

Y Wangたちは、免疫療法を受けた後に大腸炎を発症した2人のがん患者に、健康なドナーの糞便中微生物相を移植した。移植後に患者の大腸炎の症状は軽減し、移植の前後に患者から採取した糞便試料を調べたところ、腸を保護するように働く細菌群が移植によって腸内マイクロバイオーム中に復活し、大腸炎に伴う炎症が消散したことが分かった。

これらの知見は、もっと人数の多い患者集団で臨床試験として確認する必要があるが、がんの免疫療法の大きな問題である副作用の1つが糞便移植によって治療できる可能性を実証したものといえる。

DOI:10.1038/s41591-018-0238-9 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

最新の注目ハイライト

プライバシーマーク制度