Research Press Release

ホモ・サピエンスへの道を指し示すアラビアの指の化石

Nature Ecology & Evolution

2018年4月10日

Fossil finger points the way to Homo sapiens in Arabia

最古のホモ・サピエンス(Homo sapiens)の化石がアフリカ大陸やレバント地方ではなくアラビア砂漠で発掘され、その年代を直接測定したことを報告する論文が、今週掲載される。

Huw Groucutt、Michael Petragliaたちは、現在のサウジアラビアのアルウスタで出土した指の骨の化石を紹介している。この指の化石は、骨の放射性年代測定法による解析から、8万5000年以上前のものと推定されている。このような人骨の直接的な年代測定は、周囲の堆積物や関連する試料のみに基づく年代測定と比べると信頼性が高いが、常に可能とは限らない。今回のアルウスタの指の骨に関しては、電子スピン共鳴法や光刺激ルミネッセンス法を用いて周囲の動物の骨や堆積物も解析され、年代が裏付けられた。

その指が埋もれた当時、アルウスタ近辺の地域は、多湿なモンスーン性の気候であった。著者たちは、今回明らかになった「緑のアラビア」への初期の人類流入に基づいて、アフリカを出た人類は夏季の多雨に支えられて広く分散し、冬季の降雨によって維持されていたレバント地方の疎林にとどまらず、アルウスタのようなアラビア半島内陸部の半乾燥草原にも居住するようになった可能性があると結論付けている。そして、この新しい環境への適応がホモ・サピエンスの世界的繁栄に至る道筋の初期段階であった可能性が示唆された。

doi:10.1038/s41559-018-0518-2

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度