Research Press Release

【化石】恐竜に寄生していたダニ

Nature Communications

2017年12月13日

Fossils: Dinosaurs were ticked off by parasites

約1億年前にダニが羽毛恐竜の害虫であったことを示す証拠を明らかにした論文が、今週掲載される。現代のダニは、最も多く見られる吸血性寄生虫の1つだが、古代のダニの宿主に関しては、ほとんど解明されていない。

9900万年前の白亜紀にダニが生息していたことは、これまでの研究で明らかになっていたが、当時のダニの化石は希少で、摂餌習慣と宿主の詳細は解明されていない。今回、Ricardo Perez-de la Fuenteたちの研究グループは、ミャンマーで発見された9900万年前の白亜紀の琥珀(コハク)から、ダニが羽毛恐竜の血を吸っていたことを示す証拠が新たに見つかったことを報告している。複数の琥珀の標本からダニが発見され、その1つは恐竜の羽毛に絡まっていた。また、別のダニは血を一杯に吸っており、他にも2匹のダニが獣脚類恐竜の巣と関係のある材料と共に見つかっている。

以上の新知見は、初期のダニの進化と生態学的特性の解明を進めるものであり、ダニと古代鳥類の近縁種との寄生的な関係に関する手掛かりをもたらしている。この寄生的関係は現生鳥類まで続いている。

doi:10.1038/s41467-017-01550-z

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度