Research Press Release

【動物行動】チンパンジーの顔認識

Scientific Reports

2015年7月16日

Animal behaviour: Chimpanzee facial recognition

チンパンジーが、一群の物体から他のチンパンジーの顔とヒトの成人と乳児の顔を素早く見つけ出したことを報告する論文が、今週掲載される。この研究結果は、チンパンジーが顔を探す際にヒトと同じような全体論的プロセスを用いていることを示唆している。

今回、京都大学霊長類研究所の友永雅己(ともなが・まさき)と伊村知子(いむら・ともこ)は、3匹のチンパンジー(クロエ、ペンデーサ、アイ)を使って一連の視覚探索課題を行った。第1の実験では、チンパンジーを訓練して、数多くの物体の中からチンパンジーの顔、バナナ、自動車、家の写真を見つけ出せるようにした。この実験で、3匹のチンパンジーは、直ちに素早くチンパンジーの顔を見つけることができたが、上下さかさまの顔の写真を用いるとチンパンジーの顔認識能力が有意に低下した。この結果は、チンパンジーが顔を正確に同定するために、空間的配置や顔の特徴の組み合わせを利用していることを示唆している可能性がある。

また、別の実験で、チンパンジーはヒトの成人と乳児の顔を効率的に探索し、発見できたが、サルの顔を見つけ出せなかった。友永たちは、実験結果はこのチンパンジーたちとヒトの成人との長期にわたる社会的経験によって生じた可能性があると考えている。

doi:10.1038/srep11437

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度