目次

Editorials

生物医学的に雌雄には違いがあるが、動物実験でも臨床研究でもいまだに被験者が雄や男性に偏っており、早急に改善が必要だ。

p.665

doi: 10.1038/465665a

科学とその経済効果の関係は複雑で、より確実な予測方法の探究には長い時間がかかるが、科学者も協力すべきだ。

p.665

doi: 10.1038/465665b

欧州委員会が、既に終了した第六次枠組み計画の会計監査をやり直しているが、研究機関との関係を悪化させるだけで、無益だ。

p.666

doi: 10.1038/465666a

News

WHOの新型インフルエンザ対策に製薬企業が働きかけをしたという批判に、専門家が強く反論。

p.672

doi: 10.1038/465672a

米国立科学財団(NSF)の新長官に、マサチューセッツ工科大学の工学者Suresh氏。

p.673

doi: 10.1038/465673a

絶滅の危機にあるコガシラネズミイルカが、わずか250頭に。

p.674

doi: 10.1038/465674b

ブラジルでは、科学界からも強く支持されたルーラ大統領が退陣するが、今後も科学の重視は続くと期待が。

p.674

doi: 10.1038/465674a

ヒトの活動によらない自然本来の気候変動も、アルプスの氷河融解の大きな要因に。

Glacier's wane not all down to humans p.677

doi: 10.1038/465677a

授業料の値上げ、多人数授業の増加、講座の削減など、米国の大学生にも不況の厳しい影響が。

US students pay for downturn p.678

doi: 10.1038/465678a

News Features

生態学:カエルのための救急医療

p.680

ツボカビ感染の急速な拡大で危機にさらされている両生類を救おうと、ある過激な方法の検討が行われている。

doi: 10.1038/465680a

科学の経済学:真に価値ある科学

p.682

科学への投資は、雇用創出と経済成長の有効な手段だといわれるが、確実な根拠はない。

doi: 10.1038/465682a

News & Views

幹細胞:ステロイドホルモンからの合図

p.695

ステロイドホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンは、病気にも正常な健康状態にもかかわっている。乳房では、この2つの役割が、乳腺幹細胞の数と活性の制御という単一の機序を介して行われているらしい。

doi: 10.1038/465695a

非線形力学:カオス状態のビリヤードみたいなレーザー

p.696

光線のカオス的動きは、マイクロレーザーに意外な放射特性を付与する。量子トンネリングが数桁という大きさで増強され、指向性の極めて高い出力ビームが生まれるのである。

doi: 10.1038/465696a

血管形成:導いて統合させる架け橋

p.697

新しい血管を作り出すためには、2本の既存の血管の内皮に由来する血管先端細胞が、吻合(融合)過程によって一緒になる。だが、これらはどうやって吻合する相手を見つけるのだろうか。マクロファージが架け橋となって合体を仲介するらしいことがわかった。

doi: 10.1038/465697a

量子光学:光用の単一原子トランジスター

p.699

共振器内に閉じ込めた単一原子の光学的応答が、微妙な量子干渉効果を使って制御された。これは、光学量子コンピューターのための論理ゲートを構築する手段となる可能性がある。

doi: 10.1038/465699a

神経科学:光遺伝学を使うfMRI

p.700

生きている動物の脳内の特定のニューロン集団を機能核磁気共鳴画像法(fMRI)で解析することは、遺伝的に特定した神経回路のマッピングへの道を開くものとなる。

doi: 10.1038/465700a

流体力学:唾を引き伸ばす

p.701

唾液のような粘弾性液体は意外な性質を示し、ひもに通したビーズのように、ところどころに球状の流体が点在する糸を形成できる。このような現象を引き起こすには慣性が重要であることが、コンピューターモデルから明らかになった。

doi: 10.1038/465701a

惑星科学:土星の赤ちゃん衛星の誕生

p.701

土星近傍にある衛星は、土星の主環の外縁で形成されてから、そこから押し出されたことがシミュレーションによりわかった。このモデルでは、衛星の軌道の位置や極めて低い密度も再現できている。

doi: 10.1038/465701b

Article

構造生物学:ヒトP-TEFbと複合体を形成したHIV-1 Tatの結晶構造

Crystal structure of HIV-1 Tat complexed with human P-TEFb p.747

doi: 10.1038/nature09131

Letters

宇宙:土星の小衛星は主環の粘性拡散によって最近形成された

The recent formation of Saturn’s moonlets from viscous spreading of the main rings p.752

doi: 10.1038/nature09096

光学:共振器中の単一原子による電磁誘導透過

Electromagnetically induced transparency with single atoms in a cavity p.755

doi: 10.1038/nature09093

物理:破裂した薄膜の折りたたみにより発生する娘気泡カスケード

Daughter bubble cascades produced by folding of ruptured thin films p.759

doi: 10.1038/nature09069

光学:アト秒分子光イオン化後の電子局在化

Electron localization following attosecond molecular photoionization p.763

doi: 10.1038/nature09084

地球:地球の鉛同位体年代は核形成のみによって説明可能である

The lead isotopic age of the Earth can be explained by core formation alone p.767

doi: 10.1038/nature09072

生態:更新世末期の気候変動に応答して起こった小型哺乳類の多様性減少

Small mammal diversity loss in response to late-Pleistocene climatic change p.771

doi: 10.1038/nature09077

細胞:バクテリオファージの「兼業」タンパク質が、ブドウ球菌の病原性アイランドを脱抑制する

Moonlighting bacteriophage proteins derepress staphylococcal pathogenicity islands p.779

doi: 10.1038/nature09065

発生:興奮性と抑制性シナプスの分化はそれぞれ異なるFGFによって促進される

Distinct FGFs promote differentiation of excitatory and inhibitory synapses p.783

doi: 10.1038/nature09041

神経:脳の全域と局所で生じるfMRIシグナルは、光遺伝学的に種類や接続が規定されるニューロン群によって生じる

Global and local fMRI signals driven by neurons defined optogenetically by type and wiring p.788

doi: 10.1038/nature09108

医学:静止期造血幹細胞は慢性感染の際にIFN-γによって活性化される

Quiescent haematopoietic stem cells are activated by IFN-γ in response to chronic infection p.793

doi: 10.1038/nature09135

医学:ステロイドホルモンのシグナル伝達による乳腺幹細胞機能の制御

Control of mammary stem cell function by steroid hormone signalling p.798

doi: 10.1038/nature09027

細胞:プロゲステロンは成体の乳腺幹細胞増殖を誘導する

Progesterone induces adult mammary stem cell expansion p.803

doi: 10.1038/nature09091

細胞:患者特異的誘導多能性幹細胞由来のLEOPARD症候群モデル

Patient-specific induced pluripotent stem-cell-derived models of LEOPARD syndrome p.808

doi: 10.1038/nature09005

遺伝:ダウン症候群のTc1マウスモデルでは腫瘍血管形成が抑制されている

Tumour angiogenesis is reduced in the Tc1 mouse model of Down's syndrome p.813

doi: 10.1038/nature09106

遺伝:ヒトAGO2によるガイドRNA 5′ヌクレオチドの塩基特異的認識の構造基盤

Structural basis for 5′-nucleotide base-specific recognition of guide RNA by human AGO2 p.818

doi: 10.1038/nature09039

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度