Nature ハイライト

生化学: グリコシル化の理解を深める

Nature 563, 7730

グリコーゲン生合成は、グルコースのグリコーゲンへの重合のことであり、動物や菌類における主要なエネルギー貯蔵機構である。この過程は、グリコゲニンという独特な酵素によって開始される。グリコゲニンは、自身からポリマー鎖を組み立て、自己グルコシル化の自己触媒として働く。今回B Davisたちは、パラジウムを用いるクロスカップリング化学反応による特異的な基質結合酵素複合体の構築を通して、グリコゲニンの機構を調べている。この方法を用いることで、自己グルコシル化に関与する3つの異なる速度論的な相が見いだされ、最後の相は、グルコースだけが基質として許容される「校正」過程であることが明らかになった。今回の研究は、主要代謝過程における基質の特異性と可塑性に関する知見をもたらしており、今回のタンパク質を使った連結戦略は、他の酵素の作用の研究に利用できる可能性がある。

Letter p.235
doi: 10.1038/s41586-018-0644-7 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年11月8日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度