Nature ハイライト

免疫学:NLRP3インフラマソームの活性化はミトコンドリアDNA合成に依存する

Nature 560, 7717

リポ多糖(LPS)によるToll様受容体4(TLR4)の刺激によって、NLRP3インフラマソーム活性化がプライミングされる。今回、これがヌクレオチドキナーゼであるCMPK2の誘導を刺激し、ミトコンドリアDNAのde novo合成につながることが示された。細胞がNLRP3活性化因子に曝露されると、新たに合成されたミトコンドリアDNAの遊離と酸化が引き起こされ、その後、このDNAがNLRP3に結合してインフラマソームの集合や活性化を誘導することが分かった。

2018年8月9日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度