Nature ハイライト

神経科学:フェレットでより良い脳発生モデルを作る

Nature 556, 7701

ヒトの大脳皮質発生に関わる遺伝子群は、小頭症患者の研究から見つかってきた。しかし、皮質がはるかに小さいマウスモデルでのこれらの遺伝子の研究から得られる手掛かりは限られている。今回C Walshたちは、マウスよりはるかに大きい皮質を持ち顕著な脳のしわが見られるフェレットで、小頭症で最も一般的な劣性(潜性)遺伝子ASPMのノックアウト個体をゲノム編集により作り出した。ASPMノックアウト個体では、皮質表面積が著しく減少しており、これは発生中に未分化な前駆細胞が移動したためであるようだ。この小頭症フェレットモデルは、マウスモデルよりも、ヒト疾患で観察されるものをよりよく模倣しており、ヒトの皮質拡大の機構に関するより良い手掛かりが得られるだろう。

2018年4月19日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度