Nature ハイライト

天文学: 非常に珍しい超新星

Nature 551, 7679

過去15年間に数千の「重力崩壊型」超新星が観測されており、それらの超新星では、時間経過とともに速度低下する水素吸収線や、光度曲線の単一のピークか暗くなる前の約100日間安定した光度などが、共通する要素として見られる。今回I Arcaviたちは、そうした通常見られる要素を示さない超新星iPTF14hlsの観測結果を報告している。その光度曲線は複数のピークを持ち、600日にわたって減衰しなかった。彼らは、爆発の数百日前に太陽質量の数十倍のガスが放出されることによってその性質を説明できる可能性があると結論付けているが、これがどのようにして起こったかについて妥当な説明は存在しない。脈動的対不安定性(pulsational pair instability)によって、超新星爆発前に複数の噴出が予測されるが、このモデルは、iPTF14hlsに関与しているエネルギー収支と、速度低下のない水素吸収線が存在し続けることには矛盾している。

News & Views p.173
doi: 10.1038/551173a | 日本語要約 | Full Text | PDF
Letter p.210
doi: 10.1038/nature24030 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年11月9日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度