Nature ハイライト

生態学: 森林生物多様性を脅かすエッジ効果

Nature 551, 7679

エッジ効果により個体数が減少している、絶滅危惧種のマレーセンザンコウ(<i>Manis javanica</i>)。
エッジ効果により個体数が減少している、絶滅危惧種のマレーセンザンコウ(Manis javanica)。 | 拡大する

Credit: Chi’en C. Lee

世界の森林の分断化は、生物多様性および生態系サービスの低下につながっている。今回M Pfeiferたちは、メタ解析を行い、世界各地の森林の哺乳類、鳥類、爬虫類および両生類の計1673種について、人間活動による森林分断化が個体数に及ぼす影響を評価した。その結果、分断化により生じた林縁がもたらす影響(エッジ効果)によって、これらの動物種の85%で個体数が変化しており、鳥類の11%、爬虫類の30%、両生類の41%、哺乳類の57%では、林縁に近づくほど個体数減少の度合いが著しいことが分かった。総合すると今回の知見は、世界の森林の半分以上において、脊椎動物個体群の崩壊が起きていることを示唆している。

Article p.187
doi: 10.1038/nature24457 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年11月9日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度