Nature ハイライト

がん: 脳腫瘍細胞の階層性ブックマーク

Nature 549, 7671

がんには、患者間や腫瘍細胞間で不均質性が見られる。腫瘍増殖に最も大きく関与する細胞亜集団や、治療標的となる細胞亜集団を明らかにするのはいまだに難しい。X Lanたちは今回、バーコード付けした腫瘍細胞を用いて、ヒト神経膠芽腫(GBM)亜集団の動態を探索した。彼らは、増殖の階層性が確率論的な細胞運命決定を介して生じていると示唆している。このモデルでは、細胞周期の遅い幹細胞から、腫瘍増殖を促す増殖の速い前駆細胞が生じ、それが次に短命で増殖しない細胞を生み出す。これは、選択される細胞の適応度の違いに基づくクローン進化モデルとは対照的である。また著者たちは、GBMの一般的な治療法であるテモゾロミド(TMZ)療法には抵抗性だが薬物併用療法の標的になり得る、GBM細胞のまれな亜集団も明らかにしている。

News & Views p.164
doi: 10.1038/nature23546 | 日本語要約 | Full Text | PDF
Article p.227
doi: 10.1038/nature23666 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年9月14日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度