Nature ハイライト

有機化学: 柔軟な抗生物質の構造を突き止める

Nature 547, 7664

分子は静止した化学構造体のように描かれることが多いが、当然ながらそれらは実際には異なる複数の立体配座をとる。柔軟な化合物の構造は、配座異性体の混合物のように見える可能性があるため、従来の手段で特定することはとりわけ困難である。長く柔軟な炭素鎖を持つポリケチド抗生物質であるバウラマイシンは、そうした例の1つである。この天然物は合成努力の目標となっているにもかかわらず、真の構造はよく分かっていない。今回V Aggarwalたちは、実験と計算による核磁気共鳴データの相関と目標化合物を合成する反復合成戦略に基づく手法によって、バウラマイシンの構造を解明している。この手法は、バウラマイシンの立体中心と構造の明確かつ正確な帰属を可能にし、そうした複雑で柔軟な他の系にも適用できる可能性がある。

News & Views p.410
doi: 10.1038/547410a | 日本語要約 | Full Text
Letter p.436
doi: 10.1038/nature23265 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年7月27日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度