Nature ハイライト

腫瘍免疫学: 腫瘍ネオアンチゲンが明らかにブックマーク

Nature 543, 7647

がん体細胞変異が生み出すネオアンチゲンによって、悪性細胞と正常細胞を区別できるが、それらを個体ごとに確認・検証することが難題となっている。今回M Khodadoustたちは、ヒトB細胞リンパ腫ではMHCクラスII分子に提示されるネオアンチゲンが豊富に存在するという証拠を示している。ゲノミクスとプロテオミクスを統合した戦略を用いて、彼らは、変異腫瘍抗原がリンパ腫の免疫グロブリン重鎖および軽鎖に由来すること、そしてそれらがCD4 T細胞を介した細胞傷害性を誘導することを見いだした。

Letter p.723
doi: 10.1038/nature21433 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年3月30日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度