Nature ハイライト

生化学:複製起点依存的なDNA複製の初めてのin vitro

Nature 519, 7544

真核生物のDNA複製系を、精製タンパク質を用いて複製起点発火の最初期段階から再構築するという目標は、実現が長く待ち望まれてきたが、真核生物のDNA複製系が細菌やファージのものに比べてはるかに複雑であることがネックになっていた。しかし今回、J Diffleyたちは、in vitroで出芽酵母のDNA複製の最初の複数事象を再構築することに成功した。精製タンパク質を用いたこの系には、42個のタンパク質が含まれ、それらが16個の複合体を構成している。この系を用いて、キナーゼによる調節を含む複製起点依存的な複製開始の段階的過程が再現された。

2015年3月26日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度