Nature ハイライト

Cover Story: 絶滅の瀬戸際にある生物:生物多様性はどの程度残っているのか、そして我々はそれを維持できるのか?

Nature 516, 7530

過去35億年の間に地球上に存在した全ての生物種のうち95%以上が消滅し、その多くは大量絶滅の際に姿を消した。そのため、現在生き残っている種とそれらの存続の可能性に、関心が集まっている。今週号のNews Featureでは、現在地球上に残された全ての生命体について、これまでに報告されている種、それ以外に存在すると予測される種、そして既知の種のうち絶滅の危機に瀕している種の数などを明らかにし(これが実に大変な作業だった)、生物多様性が少しずつ失われていくのを食い止めるために、どのような保全策が必要と考えられるかを問い掛ける。表紙は、ガイアナのパカライマ山脈に生息する絶滅危惧種のアカメアマガエルAgalychnis moreletiiである。

News Features p.158
doi: 10.1038/516158a | 日本語要約 | Full Text

2014年12月11日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度