目次

Editorials

風力発電の環境負荷に関して提起された疑問は正当なものであり、その解明に必要な研究を政治的な理由で妨げてはならない。

p.1001

doi: 10.1038/4681001a

イタリアの大学改革の成功には、提案された評価機関の設立を実現させることが重要だ。

p.1001

doi: 10.1038/4681001b

Natureが選ぶ「今年の話題の人」は、原油流出事故の危機に冷静に対応した米国海洋大気局長Lubchenco氏である。

p.1002

doi: 10.1038/4681002a

News

科学政策への政治的介入を防ぐための米国政府の指針がようやくまとまったが、さまざまな評価が。

p.1009

doi: 10.1038/4681009a

英国では厳しい財政引き締めで、科学分野の設備投資が大幅な削減に。

p.1010

doi: 10.1038/4681010a

筆頭著者と最後の著者との地理的距離が近いほど、よく引用される科学論文が生まれるとの調査結果が。

Love thy lab neighbour p.1011

doi: 10.1038/4681011a

南シベリアで発見されたデニソワ人の化石のゲノム解読で、ネアンデルタール人やほかの現生人類との関係に手がかりが。

p.1012

doi: 10.1038/4681012a

全米科学財団からの助成打ち切りで、大深度地下実験施設(DUSEL)計画が危機に。

p.1013

doi: 10.1038/4681013a

News Features

2010年を振り返って

p.1014

今年もさまざまな科学ニュースが世界を駆け巡った。

doi: 10.1038/4681014a

GALLERY 2010:2010年とっておき写真集

Images of the year 2010 p.1018

アイスランドの火山噴火、原油流出など深刻な災害映像もあったが、深海生物の発見や小惑星接近など、わくわくするような画像もたくさんあった。

doi: 10.1038/4681018a

台風の目

p.1024

「今年の話題の人」Jane Lubchenco氏は、メキシコ湾原油流出事故に直面し、米国の海洋管理政策の改革に乗り出した。

doi: 10.1038/4681024a

News & Views

ヒトの起源:初期の移動がもたらした影

Shadows of early migrations p.1044

シベリアのデニソワ洞窟で見つかった4万年前の遺骨から得られた古い核DNAの解析によって、ヒト集団がアフリカから移動した後に、集団間で起こったさまざまな交流についての手がかりが得られた。

doi: 10.1038/4681044a

量子技術:実際に使える電子スピン

p.1045

ナノワイヤーは、光と物質の間での量子情報交換を可能にすると期待されている。電気的手段だけによって電子のスピンを迅速に制御する方法は、この期待を実現に近づけるものだ。

doi: 10.1038/4681045a

構造生物学:タンパク質は動的平衡状態にある

p.1046

溶液中にあるタンパク質分子は、さまざまなコンホメーションからなる平衡状態として存在するが、こうした集団の大きさや遷移は静的構造からは解明できない。ある研究によって、どうしたら溶液中でこのような性質を測定できるのか、その方法が示された。

doi: 10.1038/4681046a

太陽系外惑星:大きな驚きをもたらした第四の巨大惑星

p.1048

恒星HR 8799を中心とする異例な大きさの太陽系で、巨大な内惑星1個が発見された。これにより、広く受け入れられている惑星形成理論では説明が難しい惑星集団の存在が明らかになったのである。

doi: 10.1038/nature09716

行動神経科学:衝動にかかわる遺伝子

p.1049

衝動性は、さまざまな形の精神疾患や暴力的行動と結びつけられてきた。暴力犯罪を起こしたフィンランド人の刑事犯集団について変異の生じている遺伝子が調べられ、こういう形質の神経学的基盤に関する手がかりが得られた。

doi: 10.1038/4681049a

創薬:読み取りタンパク質を妨害する

p.1050

特定の修飾を受けたDNA関連タンパク質に結合するタンパク質因子は、遺伝子発現を調節できる。このような相互作用を選択的に妨害する小型分子は、治療に役立つかもしれない。

doi: 10.1038/4681050a

Articles

進化:シベリアのデニソワ洞窟で出土した旧人類集団の遺伝的来歴

Genetic history of an archaic hominin group from Denisova Cave in Siberia p.1053

doi: 10.1038/nature09710

医学:集団特異的なHTR2B終止コドンは重度衝動性の素因となる

A population-specific HTR2B stop codon predisposes to severe impulsivity p.1061

doi: 10.1038/nature09629

細胞:BETブロモドメインの選択的阻害

Selective inhibition of BET bromodomains p.1067

doi: 10.1038/nature09504

細胞:最小限のCDK制御ネットワークによる細胞周期の駆動

Driving the cell cycle with a minimal CDK control network p.1074

doi: 10.1038/nature09543

Letters

宇宙:HR 8799を軌道運動する第四の惑星の画像

Images of a fourth planet orbiting HR 8799 p.1080

doi: 10.1038/nature09684

量子情報科学:半導体ナノワイヤーにおけるスピン–軌道キュービット

Spin–orbit qubit in a semiconductor nanowire p.1084

doi: 10.1038/nature09682

物性:グラフェン端における原子ごとの分光

Atom-by-atom spectroscopy at graphene edge p.1088

doi: 10.1038/nature09664

地球:マントルの超塑性とその自発的消滅

Mantle superplasticity and its self-made demise p.1091

doi: 10.1038/nature09685

医学:髄芽腫はサブタイプによって発生起源が異なる

Subtypes of medulloblastoma have distinct developmental origins p.1095

doi: 10.1038/nature09587

医学:mTORC1は飢餓誘導性のケトン体生成およびその加齢による変化を制御する

mTORC1 controls fasting-induced ketogenesis and its modulation by ageing p.1100

doi: 10.1038/nature09584

医学:異型ヒストンmacroH2AはCDK8の調節を介して黒色腫進行を抑制する

The histone variant macroH2A suppresses melanoma progression through regulation of CDK8 p.1105

doi: 10.1038/nature09590

発生:平面内のアクトミオシン収縮の極性をもった流れが上皮の細胞接着の再編成を制御する

Planar polarized actomyosin contractile flows control epithelial junction remodelling p.1110

doi: 10.1038/nature09566

生理:S-グルタチオニル化はeNOSを脱共役して、その細胞および血管での働きを調節する

S-glutathionylation uncouples eNOS and regulates its cellular and vascular function p.1115

doi: 10.1038/nature09599

医学:合成ヒストン模倣剤による炎症抑制

Suppression of inflammation by a synthetic histone mimic p.1119

doi: 10.1038/nature09589

細胞:ポリコーム群タンパク質によって抑制された遺伝子のZRF1による転写活性化

Transcriptional activation of polycomb-repressed genes by ZRF1 p.1124

doi: 10.1038/nature09574

細胞:神経伝達物質/ナトリウム共輸送体オルソログLeuTは、高親和性基質結合部位を1つだけもつ

Neurotransmitter/sodium symporter orthologue LeuT has a single high-affinity substrate site p.1129

doi: 10.1038/nature09581

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度