News

4種の塩基置換に対応した「一塩基エディター」

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180108

原文:Nature (2017-10-26) | doi: 10.1038/550439a | CRISPR hacks enable pinpoint repairs to genome

Elie Dolgin

CRISPR系の改変によって、DNAでもRNAでも個々の塩基を精密に書き換えられるようになっただけでなく、対応できる塩基の幅も広がった。

このほど、遺伝子編集のためのツールがさらに増えた。DNAあるいはRNAの狙った部位をピンポイントに変更できる技術が、ブロード研究所(米国マサチューセッツ州ケンブリッジ)の2つの研究グループからそれぞれ報告されたのだ。いずれも原型となっているのはCRISPR遺伝子編集系である。CRISPR系は、比較的大きなDNA断片を切り出す分子的ハサミであり、平滑末端を生じる上、切断部位を予測することは比較的難しい。これに対して今回報告された新しい系は、個々の塩基を書き換えることができる。一塩基を変化させられるということは、ヒトの全遺伝的疾患の半分以上の修正に挑めるようになったことを意味している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度