Editorial

遺伝子発現に対する遺伝的影響がヒト個体レベルで明らかに

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180135

原文:Nature (2017-10-12) | doi: 10.1038/550157a | A more personal view of human-gene regulation

多くの人々の主な体内組織の全てについて、遺伝子の発現調節に対する遺伝的多様性の影響を調べるという、念願の研究が結実した。

拡大する

Media for Medical/UIG/Getty

「観察と探索によって明らかになった類似点と相違点が、人類の知識の基盤になっている」。かつてアルフレッド・ノーベルは、こう言った。人間の個人差と共通性は、過去のそれぞれの文化と時代において、外部的事象から精神的影響に至るまでさまざまな手掛かりを用いて独自に説明されてきた。今日では、生物学研究のかなりの部分が、人間のDNAの類似点と相違点に着目した研究に主眼を置いており、こうした類似点と相違点の無数の組み合わせによって良い影響や悪い影響が生み出されていることを調べるのが、最先端の遺伝学研究だ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度