News Feature

AI時代の仕事と雇用

デジタル革命は世界の労働者のあり方をどのように変えるのか、3つの観点から検証する。

拡大する

ILLUSTRATIONS BY CHRIS MALBON

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180123

原文:Nature (2017-10-19) | doi: 10.1038/550316a | The Shape of Work to Come

Emily Anthes

2016年、オンライン授業を提供する教育会社「Udacity」の設立者で社長でもある起業家のSebastian Thrunは、人工知能(AI)を利用して営業部門のてこ入れをすることにした。Udacityには、受講に関する問い合わせをしてくる人々にオンラインチャットで対応する営業担当者が大勢いる。スタンフォード大学(米国カリフォルニア州)でコンピューター科学の研究室も主宰しているThrunは、学生の1人と協力してこれらのオンラインチャットの記録を集め、受講者の獲得につながったチャットに印を付けた。2人は機械学習システムにそれらを入力し、よくある質問に対する最も効果的な応答を収集させた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度