Nature 特別翻訳記事

幹細胞特集

再生医療への応用に期待が高まる幹細胞。iPS細胞をはじめ、世界各国の幹細胞研究論文や治療に関するニュースなど、最新情報をお伝えする。

Editorial

幹細胞治療の規制に取り組み始めた日本

実験的な幹細胞治療の規制に、日本が遅まきながら取り組んでいる。明確に定められた法的枠組みによる患者の保護が必要だ。

Nature 494, 5 (号)

News

羨望を集める日本の幹細胞臨床研究

iPS細胞から作成された網膜の移植手術が、世界に先立って日本で行われた。他の国々でも、研究者たちがiPS細胞治療の臨床研究へのゴーサインを今か今かと待ちわびている。

Nature 513, 287-288 (号)

NPGよりお知らせ

Nature 2014年1月30日号641〜647ページ、および676〜680ページに掲載された小保方晴子氏ら(理化学研究所ほか)による論文2報について、論文中にいくつかの致命的な誤りがあることを理由に論文撤回の要請があり、弊社はそれを受理いたしました。

撤回理由は、Nature 2014年7月3日号112ページ、および下記URLをご覧ください(ウェブページが最新情報になります)。Natureダイジェスト 2014年3月号2〜3ページでも、これらの論文に基づいた記事を掲載しておりました。

STAP関連論文、撤回理由書

Retraction: Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency
Retraction: Bidirectional developmental potential in reprogrammed cells with acquired pluripotency

再現性:渦中の生物学者が幹細胞作製法に対する疑義に反論

これに対し、小保方研究員は、酸処理や機械的ストレスを用いて幹細胞を作製できるという主張を撤回しない意向を示している。

Nature 508, 299 (号)

STAP細胞の小保方研究員に「研究不正行為」の判断が下る

これに対し、小保方研究員は、酸処理や機械的ストレスを用いて幹細胞を作製できるという主張を撤回しない意向を示している。

Nature (オンライン公開)

幹細胞作製法に新たな疑問

酸性溶液に浸けることで、幹細胞を作製できることを報告した論文に関する調査で、その作製方法に複数の誤りが見つかったため、理研はさらに厳密な調査を続ける意向だ。

Nature 507, 283 (号)

理化学研究所、STAP細胞論文の調査に着手

理化学研究所は、小保方晴子(おぼかた・はるこ)研究員の画期的なSTAP細胞論文に不自然な点があるという主張を受けて、調査を開始した。

Nature (オンライン公開)

外部刺激でも体細胞を幹細胞化できる!

強く圧迫したり、酸性溶液に浸けたりするだけの手軽な方法で、 体細胞を受精卵に近い状態へとリセットできることが明らかになった。

Nature 505, 596 (号)

幹細胞治療の優先承認審査制度が日本で導入へ

Nature Medicine 19, 510 (号)

幹細胞の臨床応用に向けた急速な動き

日本で行われる予定の人工多能性幹細胞(iPS細胞)の臨床試験は、安全性の実証を目標としている。

Nature 494, 413 (号)

Nature 特別翻訳記事」一覧へ戻る

プライバシーマーク制度