Nature ハイライト

神経科学:ドーパミンの暗号

Nature 570, 7759

ドーパミン信号は、報酬に基づく学習や顕現性(salience)、動機付けといった多くの過程で重要だが、ドーパミンがこうした多様な機能をどのように支えているのかは分かっていない。今回J Berkeたちは、多くの技術で得られた証拠を組み合わせて、ドーパミンの放出とドーパミン産生細胞の発火とが、報酬関連学習の場面で異なる機能を担っている可能性を示している。すなわち、放出と発火は分離可能で、それぞれ別の変数を符号化しているのである。

2019年6月6日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度