Nature ハイライト

地球物理学:堆積物によるプレートテクトニクスの潤滑

Nature 570, 7759

地球のプレートテクトニクスがどのように始まり、どの要因がその進化を支配してきたかに関する理解は、まだ論争の的になっている。今回S SobolevとM Brownは、約30億年前以降、大陸の隆起と大陸縁辺や海溝における堆積物の蓄積が潤滑によって沈み込みを安定化し、地球上のプレートテクトニクスの出現と進化に重要な役割を果たしてきたと提案している。著者たちは、最大の地表侵食と沈み込みの潤滑事象が、コロンビア超大陸の形成につながった古原生代の全球的なヒューロニアン氷期の後と、新原生代の「スノーボールアース」氷期の後に起こったと結論している。大陸堆積物の海溝への供給が少なかったことにおそらく起因してプレートテクトニクス活動が弱かった時期である約17億〜7億年前の「退屈な10億年」の後、スノーボールアース事象によって現代の活動的なプレートテクトニクスの時代が始まったと考えられる。

2019年6月6日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度