Nature ハイライト

Cover Story: 細胞の案内役:ゼブラフィッシュの血液幹細胞が目的地へ導かれる仕組み

Nature 564, 7734

脊椎動物では、造血幹・前駆細胞(HSPC)は、生体の生涯にわたって必要な血液細胞全ての源となる。HSPCは、発生中の胚の背側大動脈の内皮細胞から生じ、次に専用のニッチに移動して、血液細胞を生み出せる状態でそこに保持される。今回W Panたちは、HSPCが目的地へと輸送される機構を明らかにしている。ゼブラフィッシュ胚を使った研究から、マクロファージ様細胞が案内役となってHSPCを目的地に導き、ニッチの微小環境にHSPCを保持するのを助けていることが見いだされた。

Letter p.119
doi: 10.1038/s41586-018-0709-7 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年12月6日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度