Nature ハイライト

遺伝学: ナメクジウオの機能ゲノミクス

Nature 564, 7734

M Irimiaたちは今回、ヨーロッパに生息するナメクジウオ類のニシナメクジウオ(Branchiostoma lanceolatum)のゲノムの塩基配列解読を行い、この脊索動物の16の発生段階と9の成体組織にわたって、ゲノム、エピゲノム、トランスクリプトームのデータの情報源を作成した。これらのデータセットの解析により、発生過程を通した遺伝子調節の動態、脊索動物の成体ボディープランの基礎となる遺伝子調節に加え、脊索動物全体での遺伝子調節の保存についての手掛かりが得られた。著者たちはまた、脊椎動物における、全ゲノム重複の影響などの遺伝子調節の進化についても調べている。

Article p.64
doi: 10.1038/s41586-018-0734-6 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年12月6日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度