Nature ハイライト

Cover Story: 特集:ボトムアップ生物学:細胞を一から作る方法

Nature 563, 7730

細胞が働く仕組みについての謎を解こうとする場合、これまで取られてきた標準的な方法はトップダウン方式であった。つまり、さまざまな細胞成分がどのように相互作用するかを、それらが本来存在する環境で分析していく方法である。しかし、現在では技術の進歩によって、工学原理を用いて、ボトムアップ方式で生物学的過程を再構築できるようになっている。今週号の特集では、ボトムアップ細胞生物学の可能性と予想される限界について検討している。生体膜や代謝経路の開発から、医療用途の細胞様システムの設計、伸展したり変形したりする細胞層の作製まで、複雑な細胞世界の全貌が明らかになりつつある。(Collection

2018年11月8日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度