Nature ハイライト

ナノスケール材料: 分子と2D結晶の積層

Nature 555, 7695

今回、電気化学的インターカレーションによって第四級アンモニウム分子の層を二次元(2D)結晶の間に挿入した2D材料の超格子の形成が報告されている。著者たちは、サイズと対称性が異なるさまざまな分子と、二セレン化タングステンや二硫化モリブデンなどのさまざまな二次元結晶を用いて、多様な超格子を作製している。インターカレーションによって、2D層間の相互作用を分離する一方で、分子を変化させて2D層の電子特性と光学特性を調整した。重要なのは、この方法によって、これまで困難であったフォスフォレン単層の安定な分離が(超格子内であるが)可能になったことである。彼らは、フォスフォレン超格子で作製された電界効果トランジスターデバイスの性能が、最近報告されたフォスフォレンベースのデバイスに匹敵することを示している。

Letter p.231
doi: 10.1038/nature25774 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年3月8日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度