Nature ハイライト

分子生物学: HSUR2はメッセンジャーRNAを撃って細胞の自殺を防止する

Nature 550, 7675

ヘルペスウイルスのHerpesvirus saimiriは7種類の核内低分子RNAを発現している。その1つであるHSUR2は一部のマイクロRNAに結合するが、それらの存在量や活性には影響しない。そのため、HSUR2の機能は分かっていなかった。今回D Cazallaたちは、HSUR2がウイルスによって形質転換したT細胞で特定のメッセンジャーRNA(mRNA)と結合し、結合相手の中には網膜芽細胞腫(Rb)タンパク質やp53シグナル伝達とアポトーシスに関与する因子群をコードするものが含まれることを明らかにしている。また、HSUR2はマイクロRNAのmiR-142-3pおよびmiR-16との結合と動員を必要とする機序を介して、これらのmRNAの発現を抑制することも分かった。こうした結果から、HSUR2はマイクロRNAのアダプターであって、mRNAを標的とするためにArgonauteタンパク質の動員を行っていると考えられる。

Letter p.275
doi: 10.1038/nature24034 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年10月12日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度