Nature ハイライト

免疫学: T細胞機能不全の2つの段階ブックマーク

Nature 545, 7655

CD8 T細胞は、がん細胞に対する免疫応答の非常に重要な構成要素であるが、固形腫瘍はCD8 T細胞が存在するにもかかわらず、悪性度が高くなることが多い。これらの腫瘍特異的T細胞がどのようにして機能不全に陥るのか、また再プログラム化され得るかどうかはよく分かっていない。A Schietingerたちは今回、固形腫瘍由来の疲弊した機能不全T細胞のエピジェネティックプロファイルを解析した。彼らは、機能的T細胞から機能不全T細胞へのエピジェネティックな再プログラム化は2段階で起こり、まず可塑的状態を経てから固定状態に移行すること、そして可逆的なのは最初の段階のみであることを明らかにしている。T細胞機能不全のエピジェネティック調節を理解することは、がん免疫療法の一環としての治療用再プログラム化を考える上で重要となるだろう。

Article p.452
doi: 10.1038/nature22367 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年5月25日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度