Nature ハイライト

神経科学: 捕食者のにおいに応答する神経回路

Nature 532, 7597

マウスが捕食者の揮発性のにおいにさらされると、それが引き金となって、ストレスホルモンである副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)や副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)、コルチコステロンが急増するなどの本能的な恐怖反応が誘発される。こうした定型的な応答には、生来的に備わっている神経回路が介在している可能性が高いが、これに関わる嗅覚野の領域はいまだに分かっていない。今回L Buckたちは、捕食者の揮発性におい物質によって活性化される嗅覚野領域が、視床下部CRHニューロンの上流に位置する扁桃体–梨状葉移行野のみであることを突き止めた。さらに、この領域は、捕食者の揮発性におい物質に対する恐怖反応としてのホルモン変化には関与するが、行動変化には関与しないことも明らかになった。

Letter p.103
doi: 10.1038/nature17156 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2016年4月7日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度