Nature ハイライト

植物科学:MAPKを活性化するもう1つの方法

Nature 521, 7551

マイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)カスケードが、自然免疫シグナル伝達ネットワークの中心的メディエーターとしての役割を持つことは、植物および動物の両方ですでに確証されている。例えば、微生物に由来する分子はMAPKシグナル伝達を引き起こすことが知られている。F Ausubelたちは、MAPK活性化がこれと並行的に働くもう1つの仕組みによっても引き起こされることの証拠を示し、これが植物の免疫応答の一部であることを明らかにした。緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)などの病原体が分泌するプロテアーゼが、シロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana)でこれまで知られていなかった防御応答を引き起こし、これにMAPKカスケードの上流のヘテロ三量体Gタンパク質複合体が関わっていることが分かった。この過程は、Gタンパク質およびMAPキナーゼカスケード、それに足場タンパク質RACK1によって仲介される。

2015年5月14日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度