Nature ハイライト

構造生物学:葉酸受容体の構造

Nature 500, 7463

葉酸は、DNA合成、DNA修復や細胞分裂などの多くの生物学的過程に必要とされる必須ビタミンである。「正常」な細胞は、3種類の葉酸受容体α、βとγを比較的少量発現しているが、がん細胞株では一般にこれらが過剰発現されている。そのため、これらの受容体は新たな化学療法薬やがん造影剤の標的となると考えられている。今回、細胞への葉酸の取り込みを行っているヒト葉酸受容体αの葉酸が結合した状態のX線結晶構造が解かれ、リガンド結合ポケットの位置が特定された。これは受容体を標的とする新規小分子の開発に役立つデータとなるだろう。

2013年8月22日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度