Research Press Release

異星の海で攪拌されたオイロパの無秩序な表面

Nature Geoscience

2013年12月2日

Europa’s chaotic surface churned by alien seas

木星の衛星であるオイロパの氷の表面下で液体の水が循環することにより、その赤道地域に無秩序に割れ目と尾根が散らばったことを説明できる可能性があるとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。直接観測されたことはないが、この隠れた海洋はオイロパの表面地質の謎を解くカギを握っているかもしれない。

Krista Soderlundたちは計算機モデルを用いてオイロパ表面下の海洋循環を研究した。彼らは、流れのパターンが選択的に赤道地域で衛星の表面に熱を輸送することを発見した。オイロパの氷の殻の底が加熱されることで氷の融解と分裂をもたらし、それによってオイロパ表面の低緯度地域で見られる複雑で無秩序な地域の形成を説明できる可能性があると示唆している。

関連するNews & Viewsの記事で、Jason Goodmanは、オイロパへの探査計画の兆しが見えない中でこのモデルは「近い将来、オイロパの隠れた海洋を理解するための一番の希望となる」と書いている。

doi:10.1038/ngeo2021

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度