目次

Editorials

米国の大学が試みる遺伝子検査の体験学習は、改善すべき点が多々あるが、微妙な倫理的、法的問題を考えさせる契機になる。

p.845

doi: 10.1038/465845b

日本語要約 | Full Text

個人の研究業績の評価基準を、適切で納得の得られるものにするには、基準の特性の理解、透明性、意思疎通が重要である。

p.845

doi: 10.1038/465845a

日本語要約 | Full Text

1950年代に英国人物理学者T Skyrmeによって定義された準粒子スカーミオンは、何回もの浮き沈みを経て、今再び脚光を浴びている。

p.846

doi: 10.1038/465846a

日本語要約 | Full Text

News

米国では、疾患遺伝子をもつ多数のES細胞株が、いまだに認可を得られないままに。

p.852

doi: 10.1038/460852a

日本語要約 | Full Text

集約農業は、気候変動をはじめ、さまざまな面で環境にやさしい可能性が。

Intensive farming may ease climate change p.853

doi: 10.1038/465853a

日本語要約 | Full Text

EUが、MRI検査を電磁波規制の対象外として認める方向へ。

p.854

doi: 10.1038/465854a

日本語要約 | Full Text

米国の小規模バイオ企業が、税制優遇措置の恩恵にあずかろうと懸命に。

p.854

doi: 10.1038/465854b

日本語要約 | Full Text

Q&A ロシアの教育科学大臣に、科学研究基盤の再建について訊く。

p.858

doi: 10.1038/465858a

日本語要約 | Full Text

国連が、生物多様性と生態系を国際的枠組みのもとで監視することで、合意に。

p.859

doi: 10.1038/465859a

日本語要約 | Full Text

News Features

科学の評価基準:ネイチャーによるアンケート:基準は重要?

Do metrics matter? p.860

多くの研究者は、定量的な基準によって雇用や昇進が決まると信じているが、本当にそうだろうか。

doi: 10.1038/465860a

Full Text

科学の評価基準:評価基準の洪水

p.864

科学業績の判断指標は増え続けているが、何を、何のために測っているのかが改めて問い直されている。

doi: 10.1038/465864a

Full Text

News & Views

生化学:生成する遊離基が大きく異なる酵素

p.877

いろいろな酵素の基質であるS-アデノシルメチオニンは、2種の遊離ラジカルの供給源となると考えられるが、自然界では2つのうちの一方を作る反応だけが起こるらしい。だが、意外な酵素の発見によって、両方の遊離基が形成可能であることが明らかになった。

doi: 10.1038/465877a

Full Text

太陽系:遠くの世界で光るもの

p.878

太陽系の未知の性質を明らかにするのに恒星食を利用するのは、さほど新しい方法ではない。だが、恒星食についての最新の報告は、海王星の軌道のもっと遠くにある天体についてのもので、この領域の天体の恒星食を利用した最初の研究結果である。

doi: 10.1038/465878a

Full Text

ゲノミクス:我々がもつもう1つ別のゲノムの話

The tale of our other genome p.879

ヒトに棲み着いているすべての微生物の集合ゲノムの解読という、ヒトのマイクロバイオーム解析の基盤となる研究が終了した。この研究は、ヒトの健康と病態の両方を解明するうえで重要である。

doi: 10.1038/465879a

Full Text

凝縮系物理学:単一スカーミオンの発見

p.880

スカーミオンは、その存在が物理学の多くの領域でずっと以前から予想されていた、特殊な素粒子である。今回、磁性材料中でその構造が直接画像化された。

doi: 10.1038/465880a

Full Text

保全生物学:感染が致命的となるとき

p.881

多様性の消失と新種の感染症の出現は、地球上の生命体に対する脅威の中でも最大のものだ。両生類個体群の衰退は、これら2つの問題の両方の影響を受けてのものである。

doi: 10.1038/465881a

Full Text

構造生物学:Toll様受容体を使う免疫応答

p.882

Toll様受容体は、アダプタータンパク質とキナーゼ酵素を介して免疫応答を開始させる。構造学的研究から、こうしたタンパク質が階層的に集合してらせん状のタワー構造が作られ、下流でのシグナル伝達が開始されることがわかった。

doi: 10.1038/465882a

Full Text

追悼:Martin Gardner氏(1914〜2010年)

p.884

数学を平易に解説し一般に普及させた「数学の魔術師」で、アマチュア手品師でもあり、また疑似科学の正体曝露に尽力されたGardner氏が亡くなられた。ご冥福を祈りたい。

doi: 10.1038/465884a

Full Text

Articles

構造生物学:TLR/IL-1Rシグナル伝達におけるMyD88–IRAK4–IRAK2複合体のらせん状集合状態

Helical assembly in the MyD88–IRAK4–IRAK2 complex in TLR/IL-1R signalling p.885

doi: 10.1038/nature09121

日本語要約 | Full Text | PDF

生化学:ジフタミド生合成には鉄–硫黄酵素が生成する有機ラジカルが必要である

Diphthamide biosynthesis requires an organic radical generated by an iron–sulphur enzyme p.891

doi: 10.1038/nature09138

日本語要約 | Full Text | PDF

Letters

宇宙:カイパーベルト天体55636の星食から求められたサイズとアルベド

Size and albedo of Kuiper belt object 55636 from a stellar occultation p.897

doi: 10.1038/nature09109

日本語要約 | Full Text | PDF

物性:二次元スカーミオン結晶の実空間観測

Real-space observation of a two-dimensional skyrmion crystal p.901

doi: 10.1038/nature09124

日本語要約 | Full Text | PDF

物理:単一分子の振動波束の可視化と制御

Visualizing and controlling vibrational wave packets of single molecules p.905

doi: 10.1038/nature09110

日本語要約 | Full Text | PDF

地球:新生代の北米における大量の火山性SO2酸化と硫酸塩エアロゾルの堆積

Massive volcanic SO2 oxidation and sulphate aerosol deposition in Cenozoic North America p.909

doi: 10.1038/nature09100

日本語要約 | Full Text | PDF

地球:火山縁辺の形成に対するリフト履歴の重要性

The importance of rift history for volcanic margin formation p.913

doi: 10.1038/nature09063

日本語要約 | Full Text | PDF

進化:生態学的相互作用は生命系統樹全体にわたって進化的に保存されている

Ecological interactions are evolutionarily conserved across the entire tree of life p.918

doi: 10.1038/nature09113

日本語要約 | Full Text | PDF

進化:配列空間とタンパク質宇宙の継続的な膨張

Sequence space and the ongoing expansion of the protein universe p.922

doi: 10.1038/nature09105

日本語要約 | Full Text | PDF

神経:聴覚皮質発達中の興奮・抑制の既成バランスの微調整

Fine-tuning of pre-balanced excitation and inhibition during auditory cortical development p.927

doi: 10.1038/nature09079

日本語要約 | Full Text | PDF

神経:発達期の感覚経験が皮質の興奮と抑制のバランスをとる

Developmental sensory experience balances cortical excitation and inhibition p.932

doi: 10.1038/nature09119

日本語要約 | Full Text | PDF

免疫:Toll様受容体による自己核酸の認識が全身性エリテマトーデスでのグルココルチコイド活性を妨げる

TLR recognition of self nucleic acids hampers glucocorticoid activity in lupus p.937

doi: 10.1038/nature09102

日本語要約 | Full Text | PDF

細胞:mTORによって調節されるオートファジー停止とリソソーム再形成

Termination of autophagy and reformation of lysosomes regulated by mTOR p.942

doi: 10.1038/nature09076

日本語要約 | Full Text | PDF

細胞:リボソーム上での終止コドン読み取りの原理

Principles of stop-codon reading on the ribosome p.947

doi: 10.1038/nature09082

日本語要約 | Full Text | PDF

細胞:ユビキチン依存的なDNA損傷バイパスとゲノム複製は分離可能である

Ubiquitin-dependent DNA damage bypass is separable from genome replication p.951

doi: 10.1038/nature09097

日本語要約 | Full Text | PDF

細胞:TFIIAとトランス活性化因子Rap1が共同して、TFIIDを転写開始に拘束する

TFIIA and the transactivator Rap1 cooperate to commit TFIID for transcription initiation p.956

doi: 10.1038/nature09080

日本語要約 | Full Text | PDF

生化学:2つの機能を有するイソクエン酸脱水素酵素キナーゼ/ホスファターゼの構造

Structure of the bifunctional isocitrate dehydrogenase kinase/phosphatase p.961

doi: 10.1038/nature09088

日本語要約 | Full Text | PDF

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度