目次

News & Views

惑星科学:木星磁気圏の観測

Planetary science: Magnetic moments at Jupiter p.965

2台の探査機が木星付近で出会ったことで、木星の磁場を調査するまたとない機会が生まれた。その驚くべき成果を記した論文が今週号に収められている。

doi: 10.1038/415965a

核移植:モノクローナルマウスだって?

Nuclear transplantation: A monoclonal mouse? p.967

核移植、すなわちクローン作成技術が応用できそうな分野の1つが、成人患者の組織と遺伝的に適合する組織を治療のために作り出すことである。しかし、分化が完了した成体細胞が移植用の核の供給元として適当かどうかは議論の分かれるところだ。

doi: 10.1038/415967a

高エネルギー物理学:質量の問題

High-energy physics: The mass question p.969

ニュートリノという素粒子に質量があるのか、という疑問に対して、質量はあるという結果が最近の実験で示された。今回その質量を突き止める研究が発表されたが、予想外の結果で、論争になっている。これまで考えられていたような質量ではないらしいのだ。

doi: 10.1038/415969a

生体力学:ティラノサウルスと散歩

Biomechanics: Walking with tyrannosaurs p.971

太古の昔、ティラノサウルスは地球上の生物を震え上がらせていた。少なくともハリウッド映画の中ではそうなのだが、後脚の筋肉量を推算してみたところでは、この強大な動物はのし歩くのがせいぜいで、走るのは無理だったようだ。

doi: 10.1038/415971a

地球科学:山腹すべりは何を物語る?

Earth science: Slip-sliding away p.973

ハワイ諸島の海洋火山で山腹が海に向かってすべり落ちる現象が観測された。その規模は数センチだったが、大規模な地すべりが起こる兆候なのかもしれない。

doi: 10.1038/415973a

Article

免疫:シロイヌナズナの先天性免疫におけるMAPキナーゼ情報伝達カスケード

MAP kinase signalling cascade in Arabidopsis innate immunity p.977

doi: 10.1038/415977a

Letters

宇宙:太陽風による木星の電波放射とオーロラの制御

Control of Jupiter's radio emission and aurorae by the solar wind p.985

doi: 10.1038/415985a

宇宙:木星の放射線帯の超相対論的電子

Ultra-relativistic electrons in Jupiter's radiation belts p.987

doi: 10.1038/415987a

宇宙:木星を取り巻くイオからのガス雲

A nebula of gases from Io surrounding Jupiter p.994

doi: 10.1038/415994a

宇宙:イオ、ガニメデ、エウロパによる木星上の磁気フットプリントからの放射

Ultraviolet emissions from the magnetic footprints of Io, Ganymede and Europa on Jupiter p.997

doi: 10.1038/415997a

宇宙:木星のパルス状に発光するオーロラX線のホットスポット

A pulsating auroral X-ray hot spot on Jupiter p.1000

doi: 10.1038/4151000a

宇宙:磁気圏電子の注入による木星の過渡的なオーロラ

Transient aurora on Jupiter from injections of magnetospheric electrons p.1003

doi: 10.1038/4151003a

材料:金属内包フラーレンによるカーボンナノチューブのバンドギャップ変調

Bandgap modulation of carbon nanotubes by encapsulated metallofullerenes p.1005

doi: 10.1038/4151005a

物理:せん断下での結晶―液体共存を決定する因子

Factors determining crystal?liquid coexistence under shear p.1008

doi: 10.1038/4151008a

気候:南大洋の深層における高い混合率

High mixing rates in the abyssal Southern Ocean p.1011

doi: 10.1038/4151011a

地球:キラウエア火山南側斜面における急激な非地震性断層すべり

Sudden aseismic fault slip on the south flank of Kilauea volcano p.1014

doi: 10.1038/4151014a

進化:ティラノサウルスは速く走れなかった

Tyrannosaurus was not a fast runner p.1018

doi: 10.1038/4151018a

進化:ショウジョウバエに見られるタンパク質の適応進化

Adaptive protein evolution in Drosophila p.1022

doi: 10.1038/4151022a

進化:ショウジョウバエのゲノムデータを使って分子進化の中立説を検証

Testing the neutral theory of molecular evolution with genomic data from Drosophila p.1024

doi: 10.1038/4151024a

心理:一つの脳で二つの言語を操る方法についての脳電位と機能的磁気映像法からの証拠

Brain potential and functional MRI evidence for how to handle two languages with one brain p.1026

doi: 10.1038/4151026a

神経:成体海馬での機能的ニューロンの産生

Functional neurogenesis in the adult hippocampus p.1030

doi: 10.1038/4151030a

Monoclonal mice generated by nuclear transfer from mature B and T donor cells p.1035

doi: 10.1038/nature718

神経:機械刺激受容に必要な線虫のDEG/ENaCチャネルを調節するMEC-2

MEC-2 regulates C. elegans DEG/ENaC channels needed for mechanosensation p.1039

doi: 10.1038/4151039a

免疫:樹状細胞の共通前駆細胞集団の性質

Characterization of a common precursor population for dendritic cells p.1043

doi: 10.1038/4151043a

生理:ミドリムシの光回避反応には青色光活性化型アデニル酸シクラーゼが関与する

A blue-light-activated adenylyl cyclase mediates photoavoidance in Euglena gracilis p.1047

doi: 10.1038/4151047a

生化学:一本鎖DNAに結合したFBPのKHドメインの構造と動力学

Structure and dynamics of KH domains from FBP bound to single-stranded DNA p.1051

doi: 10.1038/4151051a

correction: Transmission potential of smallpox in contemporary populations p.1056

version="1.0"?> ]>

Nature 415 6875 20020228 105610561 0028-08362002Macmillian Magazines Ltd. 10.1038/4151056a correction: Transmission potential of smallpox in contemporary populations RaymondGaniSteveLeach

Nature 414, 748751 (2001).

There was an error in equations (1) in this Letter. The &thetas;I terms in dI/dt and dQ/dt should have been omitted. Thus, the set of differential equations should have been:

dSdt = χ1(1 - ε1)Ci - β(ϕ + ρ - ϕρ)SIdIdt = α(1 - &thetas;)En - γI dEndt = βϕ(1 - ρ)SI - αEndQdt = α(1 - ε2)Ei + α&thetas;En - χ2Q dEidt = βϕρSI - (χ1ε2 + α(1 - ε2))EidUdt = γI + χ2Q dCidt = βρ(1 - ϕ)SI - χ1CidVdt = χ1(ε2Ei + ε1Ci) (1)

and the definition of &thetas; in Table 2 should have read ‘the proportion of infectious individuals from En that are quarantined’. This change only affects the analysis of the data for Kosovo. The value of R0 that gives the best fit to the data for Kosovo is now 10 (5 discounting hospital-associated cases), rather than 10.8 (5.4 discounting hospital-?associated cases), as stated in the original paper in Table 1. This small error does not alter our conclusions.

doi: 10.1038/4151056a

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度