今週号

Editorials

コンゴ民主共和国のエボラ出血熱の大流行を抑えるため、米国をはじめ先進諸国はWHOを支援すべきだ。

To contain Ebola, the United States must fulfil its promise to the World Health Organization p.145

WHO responders are braving bullets to end the outbreak in the Democratic Republic of the Congo, but the virus could cross borders without the pledged funding.

doi: 10.1038/d41586-019-02118-1

月面着陸の偉業にちなんだ地球上の「ムーンショット」計画の数々は、壮大だが複雑な問題を解決するには至っていない。

Cancer, climate, plastics: why ‘earthshots’ are harder than moonshots p.145

doi: 10.1038/d41586-019-02093-7

News

月面に再び人類を到達させるという米国トランプ大統領の野望には、政治的にも、技術的にも大きな困難が。

Can NASA really return people to the Moon by 2024? p.153

Donald Trump wants US astronauts back on the Moon. But his ambitious plan faces formidable political, financial and technical challenges.

doi: 10.1038/d41586-019-02020-w

記録破りの高温が続くヨーロッパの気候の解析から、熱波襲来の可能性は気候変動によって5倍以上高まっていることが明らかに。

Climate change made Europe’s mega-heatwave five times more likely p.155

Scientists rushed to study whether the scorching temperatures last week were linked to global warming.

doi: 10.1038/d41586-019-02071-z

NASAが、所有する望遠鏡の使用時間配分におけるジェンダーなどの偏りを減らすため、使用申請書の審査を二重盲検方式に。

NASA changes how it divvies up telescope time to reduce gender bias p.156

The switch to double-blind peer review will affect roughly 650 scientists working on projects worth an estimated US$55 million.

doi: 10.1038/d41586-019-02064-y

米国マサチューセッツ工科大学の中国系研究者が見る、米中の関係悪化に伴う科学への影響。

‘Psychological fear’: MIT scientists of Chinese origin protest toxic US climate p.157

Researchers describe how a government crackdown on foreign influence is affecting them following a statement of support from their university.

doi: 10.1038/d41586-019-02063-z

スウェーデンが、科学研究における重大な不正行為を調査するための政府機関を設置へ。

Scandal-weary Swedish government takes over research-fraud investigations p.158

The Research Misconduct Board is one of the first national agencies tasked with investigating serious research misconduct.

doi: 10.1038/d41586-018-05493-3

News Features

遺伝学:進化を乗っ取る

Self-destructing mosquitoes and sterilized rodents: the promise of gene drives p.160

遺伝子ドライブ技術は、対象とする種全体のゲノムを変化させてしまう恐れがあり、科学者たちは、この技術を野外で利用する前に、関連するさまざまな疑問に答えを出す必要がある。

doi: 10.1038/d41586-019-02087-5

宇宙:月の夢

These young scientists will shape the next 50 years of Moon research p.163

アポロ計画の月面着陸から半世紀がたち、Natureは、今後50年の月の科学に大きく貢献するであろう5人の研究者を紹介する。

doi: 10.1038/d41586-019-02086-6

News & Views

生体力学:敏感な足の裏

Walking on your sensitive sole p.176

裸足で歩くと、足には厚い胼胝(たこ)が自然とできる。今回、たこが足の裏を保護しながら足の触覚感度を維持しており、クッション性のある靴で生じるこの2つのトレードオフを回避していることが分かった。

doi: 10.1038/d41586-019-01953-6

惑星科学:月には衝突物質があまり保持されなかった

Low retention of impact material by the Moon p.177

今回シミュレーションによって、衝突天体の物質を保持する月の能力がこれまでの推測より低いことが示された。この知見は、地球に比べて月に貴金属が少ないことを説明するのに役立つ。

doi: 10.1038/d41586-019-02066-w

神経科学:老化した脳ではT細胞が神経幹細胞を抑制する

Infiltration of old brains by T cells causes dysfunction of neural stem cells p.178

加齢に依存する環境の変化は、幹細胞の機能を阻害することがある。今回、老齢マウスの脳にT細胞が浸潤し、神経幹細胞の機能不全を生じさせるという知見によって、潜在的な治療標的が明らかになった。

doi: 10.1038/d41586-019-01832-0

遺伝子工学:標的を変えるCRISPR

Hijack of CRISPR defences by selfish genes holds clinical promise p.180

トランスポゾンと呼ばれる寄生性遺伝的エレメントはCRISPR装置を保持しているが、この装置は通常、細菌細胞によって寄生生物に対抗するのに用いられている。今回、このパラドックスが説明され、遺伝子治療に対する示唆が得られた。

doi: 10.1038/d41586-019-01824-0

進化学:摂餌のパラドックスの探究

Fishing out a feeding paradox p.181

動物の体形が特定の生物を餌にするのを助けるように特殊化するのであれば、それによって動物が摂餌できるものが限定されるのだろうか。今回、野生での魚の採食行動が観察され、この疑問の解決に役立つ可能性が出てきた。

doi: 10.1038/d41586-019-02008-6

Review

健康科学:加齢研究における発見から健康に老いるための治療法まで

From discoveries in ageing research to therapeutics for healthy ageing p.183

doi: 10.1038/s41586-019-1365-2

Analysis

気候変動の影響:武力紛争のリスク要因としての気候

Climate as a risk factor for armed conflict p.193

doi: 10.1038/s41586-019-1300-6

Articles

神経科学:ゼブラフィッシュにおける睡眠の神経シグネチャー

Neural signatures of sleep in zebrafish p.198

doi: 10.1038/s41586-019-1336-7

神経科学:単一細胞解析から明らかになった、老化した神経発生ニッチにおけるT細胞の浸潤

Single-cell analysis reveals T cell infiltration in old neurogenic niches p.205

doi: 10.1038/s41586-019-1362-5

免疫学:TOXは転写的およびエピジェネティックにCD8+ T細胞の疲弊をプログラムする

TOX transcriptionally and epigenetically programs CD8+ T cell exhaustion p.211

doi: 10.1038/s41586-019-1325-x

遺伝子工学:トランスポゾンにコードされたCRISPR–Cas系はRNA誘導型のDNA組み込みを誘導する

Transposon-encoded CRISPR–Cas systems direct RNA-guided DNA integration p.219

doi: 10.1038/s41586-019-1323-z

Letters

惑星科学:月の後期集積の歴史の再構築

Reconstructing the late-accretion history of the Moon p.226

doi: 10.1038/s41586-019-1359-0

量子物理学:弱測定による単一核スピンの歳差運動の追跡

Tracking the precession of single nuclear spins by weak measurements p.230

doi: 10.1038/s41586-019-1334-9

光物理学:光波による磁性の動的制御

Light-wave dynamic control of magnetism p.240

doi: 10.1038/s41586-019-1333-x

エネルギー科学:イオン液体添加剤を用いる長期安定性プレーナー型ペロブスカイト太陽電池

Planar perovskite solar cells with long-term stability using ionic liquid additives p.245

doi: 10.1038/s41586-019-1357-2

生化学:タンパク質界面の設計による無機結晶上でのタンパク質集合の制御

Controlling protein assembly on inorganic crystals through designed protein interfaces p.251

doi: 10.1038/s41586-019-1361-6

生態学:作物の多様性が国の食料生産を安定化させる

National food production stabilized by crop diversity p.257

doi: 10.1038/s41586-019-1316-y

生体力学:足の胼胝の厚さは歩行において保護と触覚感度の間にトレードオフを生じない

Foot callus thickness does not trade off protection for tactile sensitivity during walking p.261

doi: 10.1038/s41586-019-1345-6

免疫学:TOXは慢性ウイルス感染において疲弊T細胞の表現型と寿命を強化する

TOX reinforces the phenotype and longevity of exhausted T cells in chronic viral infection p.265

doi: 10.1038/s41586-019-1326-9

免疫学:TOXは腫瘍特異的T細胞の分化の重要な調節因子である

TOX is a critical regulator of tumour-specific T cell differentiation p.270

doi: 10.1038/s41586-019-1324-y

遺伝子工学:DNA塩基編集により誘導されるオフターゲットRNA変異と、変異誘発によるその除去

Off-target RNA mutation induced by DNA base editing and its elimination by mutagenesis p.275

doi: 10.1038/s41586-019-1314-0

細胞生物学:ヘテロ三量体Giと連結しているオキシステロール結合型ヒトSmoothenedのクライオ電子顕微鏡構造

Cryo-EM structure of oxysterol-bound human Smoothened coupled to a heterotrimeric Gi p.279

doi: 10.1038/s41586-019-1286-0

細胞生物学:膜内ステロールによるSmoothened刺激がHedgehog経路の活性を駆動する

Smoothened stimulation by membrane sterols drives Hedgehog pathway activity p.284

doi: 10.1038/s41586-019-1355-4

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度