Nature ハイライト

物性物理学:ファンデルワールスヘテロ構造のモアレ設計

Nature 567, 7746

グラフェンなどの二次元材料には、応用上魅力的なさまざまな特性があり、異なる二次元材料を積み重ねてファンデルワールスヘテロ構造を形成させると、こうした特性を組み合わせることもできる。2層を少しずらして積層すると、新しいタイプの周期的秩序が現れ、モアレ超格子と呼ばれる構造になることがある。今回X Liたちは、そうしたモアレ超格子内に局在化した新しい状態から発光が起こる証拠を提示している。こうした特徴は、モアレパターンを用いて発光や電子物性を設計し、デザイナー・ファンデルワールスヘテロ構造を創出するためのさらなる手法が得られるはずであることを示唆している。

2019年3月7日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度