Nature ハイライト

オプトエレクトロニクス:有機ラジカル発光体を用いる高効率発光

Nature 563, 7732

発光ダイオード(LED)は、一般的に無機材料でできている。有機LEDには、無機LEDよりも軽く、フレキシブルにできるという長所があると思われる。しかし、有機LEDは、電子状態の大半が光を放出しないので、一般的に性能が低く、量子効率が約25%以下に制限されることが多い。今回F Liたちは、ラジカル発光体では、発光が一重項状態や三重項状態ではなく二重項状態に起因するため、ラジカル発光体でできたデバイスには量子効率の制限がないことを示すとともに、量子効率27%の深赤色LEDを作製している。今回の二重項発光を実現する方法は、他のオプトエレクトロニクスデバイスにも応用できる可能性がある。

2018年11月22日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度