Nature ハイライト

Cover Story: 太陽のわな:磁気ケージとフラックスロープによって太陽の爆発の性質が絞り込まれた

Nature 554, 7691

表紙は、進行中の太陽面爆発のモデルである。今回T Amariたちは、こうした爆発全ての性質と挙動が、1つの現象によって支配されていると提案している。太陽面爆発には、コロナ質量放出をもたらす噴出型と、コロナ質量放出が起こらない閉じ込め型の2種類がある。閉じ込め型の爆発の正確な起源については、太陽表面上の磁場構造内のトポロジーの複雑さと、不安定なねじれた磁気フラックスロープという2つの選択肢の間で、盛んに議論されている。Amariたちは、2014年10月に起こった爆発に注目してこれを調べ、2段階モデリング手法を用いてその進化を予測し、閉じ込め型の爆発の起源がフラックスロープである可能性が高いことを示している。強い多層磁気ケージ(オレンジ色)の中でねじれたフラックスロープ(青色)が進化することが明らかになった。このロープの磁気エネルギーは、爆発前に数時間にわたって増大するが、ケージの全層を破るにはまだ十分ではない。一方で、ロープのねじれはケージの部分的な破壊をもたらす不安定性を生じさせるのに十分である。ロープの攻撃に対するケージの抵抗力によって、爆発の種類と放出されるエネルギー量が決まる。ロープがケージより強く、自由になることができれば、結果は噴出型の事象であり、ケージがロープより強ければ、閉じ込め型の事象になる。太陽面爆発をもたらす条件を解明できれば、人工衛星、通信、地上発電に影響を及ぼす可能性のある事象の予測に役立つかもしれない。

Letter p.211
doi: 10.1038/nature24671 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年2月8日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度