Nature ハイライト

天文学: 重力波を使ってブラックホールのスピンの向きを見分ける

Nature 548, 7668

連星ブラックホールの合体によって生じる重力波のチャープ信号から最も精度よく測定されるパラメーターの1つは、連星の有効スピン、つまり個々のブラックホールのスピンの組み合わせである。ブラックホールが元の連星系に由来するならば、スピンの向きはそろっていると予想される。一方、連星ブラックホール系が力学的相互作用によって形成されたのならば、スピンの向きはそろっていないだろう。今回W Farrたちは、これまでに報告された4例のブラックホール合体事象のスピンパラメーターを調べ、スピンの向きがそろっていないことを2.4σの有意水準で見いだした。スピンの向きがそろっていないのが大半であるとするなら、この有意水準を5σに高めるには、さらに10例の合体事象が加わるだけでよい。

News & Views p.397
doi: 10.1038/548397a | 日本語要約 | Full Text
Letter p.426
doi: 10.1038/nature23453 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2017年8月24日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度