Nature ハイライト

発生生物学:哺乳類の原腸形成における単一細胞解析

Nature 535, 7611

哺乳類の体を作り上げる主要な3つの細胞系譜への分化は原腸形成期に起こり、このとき胚の内側への細胞の移入が起こる。原腸形成の際に同時に運命指定される細胞の数はごくわずかであるため、原腸形成を指示する分子事象についてはまだ不明であり、この過程を解析することを難しくしている。これらの事象を単一細胞レベルで調べることで、器官が形成される仕組みを知る手掛かりが得られると考えられる。B Göttgensたちは今回、原腸形成期のマウス胚に由来する1000個以上の細胞について、単一細胞塩基配列解読法によりトランスクリプトームを解析し、原腸形成期の初期中胚葉形成に関する予想外の手掛かりを得た。

2016年7月14日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度